解体工事を任せたいなら信頼・実績のある専門業者へ

住居解体をするには

作業員

解体の目的

解体工事にもいくつか目的があり、建築物全てを撤去する場合と増改築の目的で解体をする場合があります。 増改築の場合は内部解体から解体工事が始まり再利用するものと廃棄するのもにわかれコストパフォーマンスを抑えて再利用出来るもの極力再利用します。 内部解体では二階建の住居などでは、一階から解体を始め離れている部分から徐々に解体を行い棚や衣装ケースなど建築物とは無縁のものを解体撤去していきます。 配線などは通電の状態だと解体作業員に危険が及ぶので早期の段階で電気屋に電力を落としてもらい安全に解体を進めていきます。 灯油タンクなどを移設する場合などは、灯油を全て抜き漏れなどがないようにします。 解体に支障が出るものを取り除いたら天井から解体していきます。 増改築による解体工事などでは主要の柱などは残して利用する場合があるのでどういった形で解体を進めていくのか作業員と打ち合わせを行っておくと良いです。 内部解体では木材やプラスターボード断熱材などが出ます。 照明や衛生陶器といっものも出るのでそれぞれが混ざらないように分別を行い、中間処理施設で再利用か最終処分場で埋め立てを行います。 解体工事の職人と協力して解体から増築に向けてどういった形で解体をするのか処分したものを廃棄する車の配置や駐車場から仮設事務所などの配置など作業に支障がないように打ち合わせを行います。 天井などが高い場合はローリングタワーなどを組み立て解体を行います。